top of page

ふたたびマドラス(チェンナイ)


ついにいってまいりました!

3年間、毎日『インド行きてえ~!インド行きてえ~!1』

と、のたうちまわり、よーやく行ってきたぞー!


でも、これからまた、のたうちまわる日々になるのか…

ちなみに、Rs1は日本円で2.5円。3年で1円も変わってしまった。



・4/15


朝5時に起きて、実家を出る。

やっぱ実家のめしはうまい。

日本のごはんはこれでしばらくおあずけだー。

成田空港は意外にも、びっくりするくらい混んでいた。

おれがのるマレーシア航空MH89便も満席。


国カードを見失ったりあせったりしながら、がう~んと発進した。


機内で、隣に座ったアメリカ人のようなふくよかな、

シートに座れるかちょっと心配な日本人のお姉さんと話した。

彼女は、モルディブでダイビングをするのだとゆう。

一瞬、頭の中に『ジュゴン…』とゆう言葉が浮かんで口に出さないように気をつけた。

お互い、クアラルンプールの空港で5時間程飛行機を待つので力をあわせて

『クアラルンプール空港攻略作戦』をすることにした。


クアラルンプール空港に着いてビバィックリ!!!

てっきりボンベイの空港みたいなモンを想像してたんだけど…

まるで宇宙船のようなデザイン!成田なんかヘボヘボに見える新空港だった…

そして、スタッフは日本語べらべら、日本語の表示まであったよ…なめてましたクアラルンプール!


そして、空港内でハンバーガーを食べてまたビブイックリ!!!

凄いデカさ!そしてウマい!

これがアメリカ帰りの友達に聞いた、本物ハンバーガーか。

これにくらべたら「ビックマック」なんてセコくてあきれるわ!!


その後、なんやかんやしてる内にようやく発射時間になった。

さっきよりも激しくグワワワ~~~~~~~ンと飛び出した。


インド行きの飛行機なので、客はほとんどインド人。

シーズンオフだから日本人はおれだけと思いきや、なんと5人もいた!

しかし、マレーシア人と区別つかなくて、話し掛ける前につい

相手のしゃべってる言葉を注意して聞いてしまう。


マドラス(現・チェンナイ)空港にぐわわわわーーーーと着陸し、飛行機からでるとき

不意に日本語で声かけられた。

つい「オワー!日本人!!!」と言ってしまった。


声をかけてきたのは二人組で、

一人は裸の大将風で何度かインドにきたことがある人。

もう一人はインド経験者風海外バリバリ風、高円寺バンドマン風だけど

ほんとは海外デビューで関西人の人だった。


マドラスの空港に着いたのがかなり夜中だったので、心配だったけど、これでとりあえず

『マドラス深夜のホテル大捜査線』が

『プリペイドタクシー安心ウェルカムマドラス!』になったのはラッキー!


マドラスの空港からセントラルステーションまでのタクシーの中

懐かしいこの、まったりと纏わりつく空気。

果物の甘ったるいにおい。

縦横無尽に走り回るオートリキシャ。

容赦ないクラクションでぶっとばすバス…

なんだか『ひさしぶりにインドに来て懐かしい』

とゆうよりも『3年前の旅行の続きだ』という感じがした。

3年間いつもインドのことばかり考えていたからかな?


この日泊まったホテルにはカラーテレビがあった。

3人でRs470。

ホテルの名前は忘れた!

MTVをつけっぱなしにして、3人はよーやくホっと落ち着いた。



4/16 マドラス


朝一で大将が旅立った。

彼は朝5時に起きて、今日のバンガロール行きのチケットを予約して

その日の内にバンガロールにいくらしい。

残った二人はもぞもぞと活動を開始しはじめた。



まずは、ホテルの前のジュース屋で生ジュースを飲む、

マンゴージュースうめえーーー!!

次は隣の食堂でマサラドーサ&コーヒー。

いやはや、うれしくも懐かしい南インドの味だー。


やっぱり楽しいなー!

心配していた暑さも、前に来た時とさほど変わりなくて安心。

とは言っても、暑いもんは暑い!!

何もしてなくてもびっしょり汗が吹き出てくる。

脱水症状が怖いのと、ガマンの効かない性格で、水はがぶがぶ飲む。

食べ物は興味があったら食う。疲れたらすぐ休む。

とか言って、でも『行きたいところに行く』『めんどうはイヤ』なんてワガママも…



手前パーンの店

 キンマの葉っぱに香辛料やいろんな薬味を入れた

 噛みたばこ。

 食べてみたら凄い渋さ!大人の味だー!

 

後ろはお菓子屋さん

 原色バリバリ、過剰な甘さ!



二人でマリーナビーチまで歩いて行ってしまった。

途中でモスクを見つけてはしゃいだり、子供と遊んだりしながらふらふら歩く。

高円寺風関西人のひとは、やたら写真を撮る。

首から一眼レフのカメラをぶらさげているので、よく「オレを撮ってくれ」

とか「わたしの子供撮って!」と写りたがられる。

聞いてみると、彼は芸大にいってる学生で、写真家を目指してるんだって。

いいなあー芸大!

以降、芸大くんとよぶことにしよう(心の中で)

芸大くんは写真が目的だけあって、ふらふら歩く。

そしてパシャパシャ撮る。

結果、いろんなところに行くし、コミュニケーションも多いのでいっしょに歩いてると

楽しかった。

豪勢な結婚式にも遭遇した。

聞くと、『プリンセスマレージだ』だって、お姫様!?



んで、ビーチについた!


広い!青い!熱い!

そしてやっぱり馬がいた。

やっぱりベンガル湾は激しい波だった。

で、2人の内、1人が荷物番をして順番に海に入る。

久しぶりの海は気持ちよかったー!

でも、後で海水まみれの服と砂まみれのサンダルで不快。

暑いし、帰りはオートで行った。


なんと、はやくも『ネパーリー』と呼ばれた!!!

たった一日でネパーリーと思われた!最短記録!


セントラルステーションに戻ったら、まずはホテル確保!

駅前の道を西に進んで行ったらロッジ(南インドでは、食堂のことをホテルと呼ぶことがあるので

ロッジのほうが通じる)がたくさんあったので、そのうちの一つ、『GoldenCafeLodge』に決めた。

なぜか夜中にタミル語の電話がかかってきたり眠れない宿だった。

あ!そうそう、なぜかジャパニ!といってくるひとがいない!

ナゼだ!ナゼいなくなったんだろ!?

でも、『ドングリコロコロ』と言ってくる人はいた。

そうそう、書き忘れてたけど、朝バンガロール行きのチケット取りに駅に行った。

いろいろ聞き回って2時間くらいかかったあげく、明日の満席であさってになったー!

4/17 マドラス

朝九時起床!

日本にいる時はAM4:00~11:00までねてるなんてしょっちゅうだったんだけど。

昨日は11:00ごろ寝た。う~ん健全!


今日は、マドラスでゴプラムを見に行く、芸大くんとは別行動(彼はもっと早起きだった)。

ゴプラムとは南インド独特のヒンドゥー寺院の門塔。

塔にはビッシリ神様の彫刻があって、前にインドにきたときもよく見たなー。


ちなみに今朝の朝飯はチキンコルマとパロータ


チキンコルマは鶏の腿肉がまるごとのカレー、パロータ(パランター)は油多めのチャパティ

みたいなパン、なかなかウマイ!

こっち来てから食うもんでマズいものってあまりないなー。

日本のインド料理屋で食うよりぜんぜんウマイ!(あたりまえか)


で、今日行くお寺の名前はカパーレシュワラ寺院。


おくのデカい塔がゴプラム!


ここで、スゴーく恥ずかしいしくじりをしたんだ…恥ずかしいー!

寺の前にいた男にまんまと捕まって、サービスの押し売り!

勝手にお供えもん買わされた!そして…

『寺のためとおれのため、合わせてRs200ですけん!』

と、おれの首に花環をかけながら言ったのだった…


寺はよかったんだけどね!(気休め)


ふらふら歩いていると、猛烈にうんこがしたくなった!

『コ、コレはキツい!』と。レストランに入ってトイレ貸してもらう。

トイレを出たらハラが減っていた。出したら減るにはあたりまえ!

さっそくここでメシを食う。

と、同席(立ち食いだけど)した二人のにいちゃんに声をかけたら、

話が弾んでメシを奢ってもらってしまった。


ここではマッシュポテトみたいなのをサンバル(サラサラの酸味のある野菜カレー)

ココナツの白いチャツネ、緑のチャツネにつけて食べた。これもかなりウマイ!


さらに道を歩いていくと、大きな教会が見えてきた。


サン・トメ聖堂

ガイドブックによると、

『12使徒の一人セント・トーマスがチェンナイに布教に来て、ここで死亡。

その上に建てられた』

とゆう。

敷地に入り、ぐるりとまわると、やたら英語が得意な少年がついてきた。

彼は『自分はクリスチャンで、英語とイタリア語ができる』と言ったが。

ざんねんながらおれは英語はボロボロで、ヒンディー語のほうが通じやすいのだ。



サン・トメ聖堂の脇にいた子供達、もっていたサクマドロップが空にされてしまった…

少年ギャング!


んで、サン・トメ聖堂のウラはなんとビーチだった!

知らない内にまた歩いてビーチに来てた…

でも、ここのビーチは昨日のビーチとはちょっと違っていた。

海岸には椰子の葉葺きの家(ボロめ)がズラーとならんでいて、魚を干したりしている。

漁村かな?

いまだについてくる英語イタリア語少年をほおっておいて、オートでマウントロードの

でかいブックセンター『ヒギンボッサムス』にいく。ああーあつい。

あつくて気がゆるんだのかRs20くらいで行けるとこRs40も払っちまった。うーむ。

本屋は冷房が効いていて心地よかった。

ここで、ノートとマーカー、封筒、のり、絵葉書を買った。

じつはこの本屋前に来た時も来たんだ。

ちかくの食堂でチャーエ飲みながら手紙を書き、郵便局へ直行!


ホテルに戻ってひと休みして、ちょっと外にでようとすると、ロビーで声掛けられた。

彼はカルカッタから来ていて、明日帰るとゆう。

で、他の一人も交えて3人で話していたら、もう一人入ってきた。

最初は一生懸命、話に参加していたけど、この話が果てしなく長くて少し疲れたりした。

おもしろかったけど。



夕食はオニオンドーサ。


道で芸大くんに会って、夜の町にくり出す。

ふらふらしてるとコンビニ発見!

『FoodWarld』とゆうお店で、なんと、日清のカップヌードルがあった!

インドらしくヴェジ・ヌードルとチキン・ヌードル。

(夜あまりに腹がへってそのまま食ってしまった…インド味)


またもやふらふらあるいてると、セント・アンドリュー教会とゆうところについた。

サン・トメ聖堂よりもでかい!

不意に、『マリワナ???100ルピー』と声をかけられた。

出た!名物イリーガル薬売りだ!

『初体験!?』とドキドキしたけど、あまりにアヤシくしかも目の前が警察署!

うまくかわしてホテルに帰った。


んで、寝ている時にいきなりノック。

なにかと思って出てみると、5、6人の警官がパトロールに来た!

あぶね~。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page