12月01日(火) | Deepdan

武田尋善個展「夜明けの火」

今年の最後に、今年初の個展をやります。 タイトルは「夜明けの火」 ギャラリーDeepdanの名前も「火を捧げる」という意味があります。 ちょうどインドで灯明を捧げる祭りのディーパーヴァリや、タミルのカールティッガイディーパムの時期に近いです。 そして、そろそろ夜明けの火を灯したいな!っていう気持ちがあります。 胸の内に小さな火を持って、続けていけば火は太陽のように輝かせることができる! 会期中、ギャラリーには基本的にずっといます。 ぜひモニター越しではない、生の絵をみていただけたら嬉しいです!
お申し込みの受付は終了しました。
武田尋善個展「夜明けの火」

日時・場所

2020年12月01日 12:00 – 2020年12月13日 19:00
Deepdan, 日本、〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目32−17

イベントについて

もともとこの個展は今年の5月に行われる予定でした。武田尋善個展の副題に「First Light」とあるように武田さんは意として今の状況を照らす「夜明けの火になりたい!First Lightになろう」ということでこのタイトルをつけてくれたようです。そればかりでなく、インドではちょうど今、光の祭り、ディーパーワリもタミルのカールティッカイ ディーパムも近い時期で、インドも光に満ちた祭りの時期を迎えています。

「DEEPDAN」というギャラリーの名前も「火を捧げる祈り」を意味し、火や光と関わる名前です。

絵そのものは、リモートでも見られます。HPにべたべたと写真に撮って貼りつければ、すぐにオンラインギャラリーは開けます。ただオンライン上の画像からは、画家の筆跡や色の絶妙なグラデーションから見えてくる絵の息づかいはわかりません。

こうやって長いこと、絵を直接見る機会を奪われると、生で絵を見ることの豊かさが改めて思い直される日々でした。

二次元に閉じ込めることのできない光。絵を直接見ることは、画家それぞれが持つ「いのちの火や光」を感じることかもしれません。

かっこよくまとめすぎではずかしいけれど、、でもやっぱりそんな風に感じます。コロナ対策もいたします。まだわからない時期ですので、マスクありでいらして下さい!

ギャラリー Deepdan主

★感染症対策 ・消毒液の用意、換気、加湿などを行います。 換気で寒いと思うので、暖かくしてお越しください。 ・同時に入室できるお客様を5名までにします。混雑時は滞在時間も制限させていただきますので、ご了承ください。 事前予約などは承りませんが、週末などには記帳などもしようかと考えています。

武田尋善個展~『夜明けの火~First Light』 2020年12月1日(火)~13日(日) 12:00~19:00 ギャラリーDEEPDAN 住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-32-17 最寄り駅は京王井の頭線の池ノ上駅。渋谷から3駅です。 池ノ上駅北口から徒歩2分。北口には、まいばすけっとがあるのでご確認ください。 小田急/井の頭線の下北沢駅から徒歩8分になります。

チケットは不要です。
価格
数量
合計
  • チケットは不要です。
    ¥0
    ¥0
    0
    ¥0
合計¥0

このイベントをシェア