title (1).jpg

オートリクシャー図鑑

Bajaj社のオートリクシャープロモーションビデオ!なんか、感動的ですらある!インドではこんな感じで大活躍しています。

デリーの空港。しかも新しくなる前の空港です。
デリーのオートは黄色と緑のツートンカラー。

これは、燃料がCNGです。→メーカーでの紹介
環境問題に配慮し、ガソリン車からCNGなどの天然ガス車への切り替えが進んでいます。

 

こっちは新しくなった空港で、お土産のディスプレイにされちゃったオート。ちなみに、そのお土産はオートのおもちゃでした。
 

東インド、オリッサ州プリーのオート。

あ!人がアップで車があんまり写ってない!この人のオートは内装がかなりシンプル。
ここは標準的な黄色と黒のツートンカラーが多い。あと、オートの後ろの部分で後輪がついているところの形がちょっと変わったオートなんかも多かった。
運転席の椅子が横に広いので前にもお客を乗せやすくしてる。

 

プリーがあるオリッサ州の州都ブバネーシュワルのオート。

ここのオートは乗り合いに鳴る場合が多い。

だからかもしれないけど、やっぱり運転席の椅子がワイド。

装飾はシンプル。
 

南インド、タミルナードゥ州チェンナイにて。

これはTVSのオート。ちょっと新型。この写真では運転席の上部に注目!シヴァの三叉戟トリシュールがついてます!かっこいい!

客席の壁にはいろいろ趣向を凝らしてる装飾が多いけれど…これはSUPER STAR ラジニカーント!!!!チェンナイのオートは、外観はシンプルだけど、内装はオシャレ。

こんな感じでたくさん走ってます。
タミルのオートはほとんどが、ミラーを内側につけてます。外よりもお客さんを見てる!

これはチェンナイの素敵な出版社『tara books』のオートリクシャー。
アーティストによるペインティングオート!かっこいい!!

チェンナイのオート修理工場。
chintadripetという地区にはオートリクシャーの修理工場、パーツ屋、アクセサリー屋、ステッカー屋が集まってる!ここでも看板にはラジニ様が!!

ほとんど改造していないシンプルなオート。買ったばっかりかもしれない。

オートリクシャーを飾るステッカー屋!注文するとすぐ作ってくれる!コンピューターでカットして、最後は手作業で奇麗にしてくれます。
 

自家用車。自家用車は黄色くないからすぐわかる。手をあげても止まってくれません。

恐怖!オートの死体…
 

 

じゃじゃじゃじゃーん!マドゥライのオートはとにかく目!!眼力がすごいです。
ぼくのオートはこの、マドゥライのオートを目指してます!
オートの装飾は地方に行くほど派手に楽しくなっていく!

ナンディ像の横にオート!
寺の町マドゥライらしいツーショット。

カルナータカ州バンガロールにて。こんな感じで窓が大きいオートがある。これも可愛い!

マイソールのオートもなかなかかっこいい!このオートはSAXの絵がシブい。でっかいホーンと、前輪についた飾りもかっこいい!

ケーララ州カンヌールあたりのオートは、後ろの部分を斜めにしている。そして装飾もハデなのが多い!車体もいろんな種類が走ってて楽しい。

こちらはBajaj。全体的に天井を高くしてるので広い感じ。猫がかわいい。

黄色くないオートは自家用車のプライベートオート。
この色がまたなんともイタリアっぽい。オシャレ〜!

Bajajより大きいPiaggioのape。そしてこのド派手なデコレーション!客席のシートもすごいことになってます。都会じゃこんな凄いの走ってません!
あと、なんでか子供の写真を貼ってるのをよく見る。
 

細いオート。なかなかクラシックな作り。これも可愛いなあ。
運転席脇のケースもいいね。

これはケーララ州の州都、コーチンのオート。

天井に荷台をつけてる!

ケーララでは都会でもオートが派手!!
ケーララのオートはぼったくってこないので、とても親切!

アーンドラプラデーシュ州ハイデラバードにて、チャールミーナールから見た風景。

​オートが虫みたいでかわいい。

Copyright Hiroyoshi Takeda. All Rights Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり